現金払いはバカなのか?

スポンサーリンク

日本の現金社会を目にした欧米人は皆口を揃えて「異常」だと言います。欧米人にとって、財布の中に何枚もの高額紙幣を入れる日本人の感覚はにわかに信じ難いことでしょう。

日本人に多い「現金払い」は本当に愚かなのか | 家計・貯金 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

しかし、この状況を「単に日本人がバカだから」と片付けてしまうのはあまりにも短絡的です。合理的な日本人が現金を好むのにはそれなりの理由・背景があるはずです。

そこで今回は日本の現金社会の背景に迫ってみたいと思います。

日本は世界一治安の良い社会

日本の治安の良さは世界一といっても過言ではありません。しかし、これがクレジットカード普及を阻害する要因でもあるのです。

クレジットカードは紛失しても安心

欧米でクレジットカードが普及した背景の1つに治安の問題があげられます。ここでいう治安とは「ひったくり」「強盗」の類に対するものです。

欧米人にクレジットカードのメリットを聞くと必ず「落としても電話一本で止められる」「財布を盗まれてもカードを止めてくれるから安心」という答えが返ってきます。クレジットカードは個人と紐付いているため不慮の事態に対する対処法が多数存在するのです。一方、現金には名前が書いていません。ですので、落としたり盗まれたりしたら全額を失ってしまうリスクを常に抱えることになります。欧米人にとっては「現金は危険」「クレジットカードは安全」というのが常識なのです。

店側にもメリット大

クレジットカードのメリットを享受するのは個人だけでなく店側も同様です。なぜなら、クレジット決済が中心の店はレジの中の現金が不要になるからです。ここで一度、強盗の気持ちになってみましょう。現金がほとんど置いていない店に対しては、高いリスクを負ってまで強盗をしようと思う人は必然的に少なくなるでしょう。そのため店側はクレジットカード会社に手数料を支払ってでも安全を確保しようというインセンティブが働くのです。このように欧米では安全性の確保という理由からクレジットカードが普及しました。

治安の良い日本では必要性が薄い

一方、治安の良い日本では、ひったくりに遭うリスクは限りなくゼロに近く、たとえ財布を道に落としたとしても拾い主が高い確率で交番に届けてくれます。また、店側も強盗の被害にあう可能性は低いのでわざわざ手数料を支払ってまでクレジット決済を導入したり、安くはない初期費用をかけてまでカードの読み取り機を導入しようとはしません。

このように安全性とクレジットカード社会というのは密接した関係にあるのです。むしろ、クレジットカードが不要なくらい治安の良い日本社会を私たちは誇るべきなのかもしれません。

現金を好む産業と消費者

現金決済の大きな特徴の1つに「足がつかない」ことがあげられます。つまり、用途の履歴が残らないのです。日本人が現金好きな背景には日本人のお金の使い道にも理由がありそうです。

日本人はパチンコなどの娯楽産業や風俗産業が大好きです。しかし、人々は往々にしてこういった領域でのお金の痕跡は残したくないものです。誤解を恐れずにいうと、やましいこと・恥ずかしいことにお金を使った人にとって「何にいくら使ったのか」といった内容が自動で記録されるクレジットカードは邪魔モノ以外の何者でもないわけです。そうした時に便利なのが現金決済です。現金なら支払いの記録が自動では残りませんし、用途の説明はいくらでも誤魔化しがききます。

実は「記録が自動で残らない」という決済方法は店側にとっても都合が良くて、売り上げ金額をチョロまかしたりして納税を逃れることだって可能なわけです。もちろんこれは脱税です。こうしたグレーな産業において現金決済は消費者にとっても店側にとっても都合が良く、まさにwin-winな関係になれるのです。

長期デフレの影響

日本経済は「失われた20年」と言われるほどの長期停滞に陥り、デフレが継続しています。デフレとはお金の価値がモノの価値に比べて相対的に高くなっていく現象です。デフレ経済下ではお金の価値が上がるので借金は損になります。

ローンに限った話でいうと、クレジットカードは手軽に借金ができるツールです。しかし、デフレで借金が損となる状況ではいくら手軽とはいえクレジットカードを使うインセンティブは強くは働きません(クレジットカードの本質は支払いの先送りなので、本当はお得なのですが)。それよりも、「ついつい使いすぎてしまう」「いくら使ったか把握するのが面倒」という些細なデメリットの方が優ってしまい、結果として現金が好まれてしまうというわけです。

さいごに

これまで日本人が現金を好む理由について述べてきましたが、クレジットカードが嫌われる現金派の意見である「いくら使ったか把握できない」という点については、マネーフォワードを利用すれば一気に解決します。マネーフォワードはアグリゲーションサービスと呼ばれるサービスで、銀行や証券会社の残高、クレジットカードの使用額を一元管理できます。また、自動で家計簿を生成できるのでめんどくさがり屋な人でも楽にお金を管理できるようになり積極的にクレジットカードを使うようになります。

家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の家計簿

クレジットカードの本質は支払いの先送りなので会計学的にはお得ですし、支払いでポイントが付くカードも多数あります。

特異な日本の社会においてもクレジットカードのプレゼンスは増してきました。クレジットカードを使いこなして毎日をお得に過ごしていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です